お問合わせ

新型コロナウイルス感染症関連特設ページ

補助金や助成金、国や県による支援策などの情報をまとめています

新型コロナウイルス感染症関連は専用相談窓口へ

ニュース(更新履歴)

更新日更新内容
2022年8月3日補助金・助成金の最新情報を更新しました
2021年5月27日「もしもに備える」(共済制度)に新型コロナウイルス感染症に関する保障(補償)のお取り扱いについてを記載しました

資金繰りについて

必要書類

法人の方 個人事業主の方
必須
前期・前々期の決算書及び確定申告書 前期・前々期の決算書及び確定申告書
決算後6ヶ月以上経過の場合は最近の残高試算表、あるいは帳簿や売上・経費のわかるもの
見積・カタログ等(設備資金の場合)
任意
借入金がある場合は決算表(個人名義をふくむ)
不動産がある場合は、不動産全部事項証明書(代表者、同居家族分を含む)(コピー可)
履歴事項全部証明書(コピー可) 事業用通帳

専門家に相談したい

新型コロナウイルス感染症によって生じた経営課題の解決にむけて専門家をご紹介します。

  • 売上回復の為の施策を相談したい→中小企業診断士
  • 労務についての相談をしたい→社会保険労務士
  • 税務面での相談をしたい→税理士
  • HPの作成やオフィスのIT化を相談したい→IT専門家

ご相談内容に合わせて適切な専門家を紹介させていただきます。
初回相談費用は無料です。
※相談内容によっては2回以降費用が発生する場合がございます。


「もしも」に備えたい

ビジネスリスクを想定し、万が一に備える共済をご用意しております。

新型コロナウイルス感染症に関する保障(補償)について

生命共済

  1. 保険金

責任開始期(共済加入日)以後、発病した新型コロナウイルス感染症を直接の原因として保険期間中に死亡された場合には、災害保険金のお支払い対象となります。(死亡保険金+災害保険金)                                                        なお、保険金の請求権は、その権利を行使することができるときから3年間請求がないときは時効により消滅します。

  1. 病院入院見舞金(当所独自給付)

新型コロナウイルス感染症は、病気入院見舞金の支払対象となる「疾病」に該当します。
陽性・陰性にかかわらず、医師の指示で医療機関に入院された場合は、支払い対象となります。
また、医療機関の事情により、入院が必要にもかかわらず、臨時施設(病院と同等とみなせる施設)または宿泊施設や自宅で療養し、医師の治療を受けている場合等も、医師の証明書等(コピー可)を提出いただくことで支払対象となります。
※ご請求時に、生命共済制度加入1年以上の継続加入者が対象です。     

給付内容 2~4口 5~9口 10~13口
病気入院見舞金
(5日以上、保険期間中1回)
5,000円 10,000円 15,000円

見舞金請求書様式

ビジネス総合保険・業務災害保険(日本商工会議所保険制度)

新型コロナウイルスによる損害を一部補償対象とする商品改定が実施されました。
詳細は担当保険会社、保険代理店までご連絡ください。


メールマガジンの登録

新型コロナウイルス感染症対策に関する最新情報や、当会議所の支援内容などの情報をお届けします。


飲食店を応援!

タカマツおうちメシ

感染症防止対策をしている飲食店で、デリバリーやテイクアウトを実施している飲食店をご紹介します。登録希望も随時募集!

詳細はこちら↓


国・香川県等の支援策

支援策について


資金繰り支援


雇用関連支援策


関係情報