ジョブ・カード制度とは

ホーム › ジョブ・カード制度とは

ジョブ・カード制度とは

「有能な人材を育成・確保したい企業」と「正社員の経験が少ない求職者」とのマッチングを促進する国の制度です。ジョブ・カードを活用して職業訓練を実施する企業は、訓練生の適性や能力などを判断したうえ、正社員として継続雇用できます。

ジョブ・カードを活用した「有期実習型訓練」

ジョブ・カード制度における「有期実習型訓練」では、有期雇用契約等のもと、雇用先企業が業務の基礎的な知識及び実務では学ぶ機会が少ない事柄を座学(Off-JT)をとおして指導、又実際の業務を指導者のもとで行う実習(OJT)とを組み合わせた職業訓練を主に自社で実施します。

「Off-JT」実務を離れて行う学習、「OJT」実務の中で学習

Off-JT


Off the Job TrainingOff the Job Training

実務を離れた場所(例:会議室・外部教育機関等)で主に講義形式で、社内講師等が、OJTでは習得が困難な知識・技術・技能等を教育・指導する教育のことを言います。
外部研修機関での講習も含めることができます。

OJT


On the Job TrainingOn the Job Training

職場の指導者が訓練生に対し具体的な仕事をとおして必要な知識・技術・技能等を計画的に指導し、修得させる実務教育のことを言います。

Off-JT・OJTの相互関連性

Off-JT、OJTはそれぞれ、個別の独立した学習ではなく、Off-JTで学習したことをOJTの実務で試す、さらにOff-JTで次の課題を学び再びOJTで活かしてみることにより学習効果・実務実践力を高めることができます。

このページの先頭へ

香川県地域ジョブ・カードセンター
〒760-8515
高松市番町二丁目2番2号 高松商工会議所会館4階
Tel:087-811-3681 Fax:087-811-3682

全国各地の地域ジョブ・カード(サポート)センターでは、ジョブ・カードを活用した有期実習型訓練を実施する企業を支援しています。