高松の企業と地域を元気にしたい「企業と地域の応援団」

(087)825-3500

お問い合わせ

お知らせ


CCI(CHAMBER OF COMMERCE AND INDUSTRY)
-THE QUICK SURVEY SYSTEM OF
LOCAL BUSINESS OUTLOOK

LOBO調査9月結果速報

2015年10月7日更新

 

業況DIは、一進一退。先行きも慎重な見方続き、横ばい圏内の動き

調査期間:2015年9月11日~17日

調査対象:全国の422商工会議所が2,985企業等にヒアリング

(内訳)建設業463 製造業720 卸売業321 小売業704 サービス業777

調査項目:今月の売上・採算・業況等についての状況(DI値を集計) および自社が直面する問題等

※DI値について
DI値は、売上・採算・業況などの各項目についての、判断の状況を表す。ゼロを基準として、プラスの値で景気の上向き傾向を表す回答の割合が多いことを示し、マイナスの値で景気の下向き傾向を表す回答の割合が多いことを示す。したがって、売上高などの実数値の上昇率を示すものではなく、強気・弱気などの景気感の相対的な広がりを意味する。

DI=(増加・好転などの回答割合)-(減少・悪化などの回答割合)
業況・採算:(好転)-(悪化)  売上:(増加)-(減少)

 

2015年9月調査結果の概要

9月の全産業合計の業況DIは、▲17.3と、前月から▲2.4ポイントの悪化。ただし、「好転」から「不変」への変化も押し下げ要因となったことに留意が必要。好調な観光関連の牽引が続く中、住宅投資に加え、公共工事にも持ち直しの動きがみられる。他方、価格転嫁の遅れや人手不足、人件費の上昇が足かせとなる状況に変わりはなく、台風や大雨など天候不順の影響もあって、中小企業の景況感は地域・業種などによってばらつき、一進一退の動きが続く。

先行きについては、先行き見通しDIが▲16.5(今月比+0.8ポイント)と横ばい圏内の動き。観光需要の拡大や住宅・設備投資の回復、公共工事の持ち直しなどへの期待が伺える一方、家計負担の増大が消費者マインドを下押しする中、消費低迷の長期化を懸念する声も聞かれる。加えて、コスト増加分の価格転嫁や人手不足などへの対応が遅れる企業では、先行きに対して慎重な見方が続く。

 

四国ブロックの概況

全産業の業況DIは、前月と比べ悪化。産業別にみると、卸売業で改善、その他の4業種で悪化した。

 

各業種からのコメントは次のとおり。

 

  • 「従業員の高齢化が進む中、技術を承継する若い人材が不足。高卒の採用を強化したいが、安定的に仕事を確保できるか分からず、踏み切れない」(一般工事業)
  • 「コスト増が続くものの、価格転嫁の交渉が進まず、受注単価の引き上げは困難」(製缶業)
  • 「飲食店は堅調に推移しているが、小売店では、安価なネット販売を利用する消費者が増えており、苦戦が続いている」(商店街)
  • 「しまなみ海道などをサイクリングする観光客が増加。自社でもレンタサイクルを組み込んだプランの人気が高い」(旅館業)

 

業況の先行き見通しDIは、全産業では今月と比べ悪化し、産業別にみると、製造業、サービス業で悪化、その他の3業種でほぼ横ばいの見込み。

 

詳細は下記ホームページをご覧ください。

 

  • 事業主の方へ 経営支援サービス
  • 会議室・施設のご案内
  • 商工会議所を活用してください。入会のメリット
  • よくあるご質問
入会のご案内

高松商工会議所の会員ネットワーク・サービスをご活用ください。

このページの先頭へ

高松商工会議所 〒760-8515 香川県高松市番町2-2-2 TEL(087)825-3500 FAX(087)825-3525
高松商工会議所 〒760-8515 香川県高松市番町2-2-2 TEL(087)825-3500 FAX(087)825-3525